人気ブログランキング | 話題のタグを見る

2024/05/26 越前三国港獲れガザエビ

2024/05/26 越前三国港獲れガザエビ_c0156212_10360087.jpg
大阪在住の家人の母と妹が福井へ旅した。北陸新幹線がらみだな。てか、大阪からだと特急「サンダーバード」で直通だったのが敦賀乗り換えとなり、所要時間は変わらないのに高くなったと不評だ。

とまれ、土産が冷凍で届く。甘エビとガザエビだ。ガザエビは珍しい。正式名は「クロザコエビ」または「トゲクロザコエビ」というらしい。青森県から島根県にかけての日本海でのみ水揚げされる。

非常に水揚げが少なく、かつ鮮度の落ちが早いため、市場に滅多に出回わらないことから「幻のエビ」と呼ばれるという。ワタクシは芦原温泉の旅館で食べた気がするが、ともあれ珍しいことである。

甘エビよりひと回り大きく、殻の色が茶色くゴツゴツしている。早速解凍して、刺身でいただいた。これは旨い。ちょっと食べにくいが、外殻のゴツさに比べて身は蕩けるようで、プリプリ感はない。

特に頭のミソの部分と、カラダに抱いた子がすこぶる美味だ。甘くて味が濃く、これを食べてしまうと甘エビはワンランク下に感じられてしまう。大変良いものをいただいた。ありがとうございます。

ガザエビだけで三十尾頂戴し、今宵家人と三尾ずつ食べてまだ二十四尾ある。半分はお裾分け行きだな。他に甘エビももらっているし。晩酌には新たに鹿児島県南九州市、有限会社佐多宗二商店の芋焼酎「黒麹かめ壺仕込み・貯蔵晴耕雨讀」を呑んだ。晴耕雨讀は久し振りだ。この酒のことはまた後日。 (C)2024 taikomochi

by taikomochi-otona | 2024-05-26 23:00 | 焼酎・泡盛 | Comments(0)

酒がなくても生きちゃいけるが、そんなん人生とはよう言わん。


by taikomochi-otona